「ecosia(エコシア)」検索するだけで森林保護活動に役立てられるエコな検索エンジン

こんにちは。ぼんじんタローです。

突然ですが、皆さんはecosia(エコシア)という検索エンジンを知っていますか?

※検索エンジンというのは、Google(グーグル)やYahoo(ヤフー)のように検索する時に使うプログラムシステムのことです。

質問した僕はというと、恥ずかしながら、つい先ほどこの検索エンジンを知りました。

〜遡ること数時間前〜

いつものようにブログのアクセス数を見ていると、見慣れない検索エンジンからの訪問者が…

気になって調べてみると、どうやら、ドイツのベルリンの企業が提供している最高にエコでハッピーな検索エンジンだということがわかったので、今回は、そのエコな検索エンジン、ecosia(エコシア)についてみんなとシェアしていきたいと思います。

ecosiaってなに?

  • 2009年にドイツ・ベルリンで創業開始。
  • 広告収益の80%を森林再生活動を行う非営利団体WWFに寄付
  • 2020年現在80,000,000本以上の木が集められた収益で植えられている
広告

ecosia(エコシア)のスゴいところ

既に書きましたが、広告収益の80%が森林保護活動に役立てられているんです。

そして、ecosia(エコシア)によると、平均して1検索あたり、0.5ユーロの収益が発生すると書いてあるので約45回検索すると1本の木が植えられることになります。(木1本植えるのにかかる費用は22ユーロ)

※1ユーロは大体130円ぐらいです

つまり、あなたが検索をするだけで森林保護活動に貢献できるんです!

WIN-WINな関係で誰も損をしない素晴らしいサービス!

オーストラリアの森林火災の援助にも

2019年から数ヶ月にわたってオーストラリアで起こっている山火事、焼失面積は500万ヘクタール(九州と四国を合わせた面積とほぼ同等)以上に及んでおり大変な被害が出ている世界的にも大ニュースになっているのを皆さんはご存知だと思うのですが、

ecosia(エコシア)は、に2020年1月23日の収益を全額、オーストラリアの山火事援助の為に寄付しているんです。

集まった収益で、オーストラリアに植えられる予定の木の総数は26,446にもなります↓

使い方

いつもの検索エンジンを

https://www.ecosia.org/

にすることによって使えます。

また、iPhone の場合、アプリをダウンロードすることによってすぐに検索できます↓

https://apps.apple.com/jp/app/ecosia/id670881887

実際に使ってみた

右上の木のマークが自分が検索したことによって植えられた木の本数で、真ん中の81,869,368 が検索時に植えられた木の総数(サイト全体)です。

検索するたびに木を植えた本数が分かるのがとても面白い仕組みで、貢献している感があります。

使用してみて分かったデメリット

デメリットと言うほどのことではないかもしれませんが、グーグルに比べると検索結果表示の精度が少し低いかなと思いました。(使い勝手が著しく悪くなるわけではない)

例えば、エコシアと調べた時。

グーグルだと↓

エコシアだと↓

あと、カテゴリーの表示結果がecosia(エコシア)だと英語になっていました。

まとめ:使う価値アリ!毎日の検索が楽しくなる!

デメリットを書きましたが、普段使っている分には全く困らないレベルだと思います。ちなみに、#gとつけると、グーグルの検索結果を表示することも可能ですが、その場合はおそらくecosiaに収益は入らないです。

普段何気なくネット検索で使っているグーグルやヤフーをecosiaに変えるだけでお金を直接払わなくても、地球環境に役立つことができます。

日本ではまだまだ知名度の低い検索エンジンですが、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?