牛タンバーガーを食べたけど、想像してたのと全然違った…

味は美味かった。

牛タンバーガー

突然だが、牛タンバーガー🍔と言われたらどんなモノを想像するだろうか?

私はハンバーガー(バンズ)に焼いた牛タンが入ってるのかなぁー。と思っていた。食べる前まではね!

↓こんなお肉が入ってるのかなと思っていたら…

牛タン(イメージ)

実際に買ってみるとなんと

牛タンがそのまま入ってるのではなく、牛タンバーグといって、牛タンのハンバーグ100パーセントのハンバーグが入っていた。

それがこちら↓

牛タンバーガーの写真

(写真の写りが悪いのはごめんなさい。)

そう、牛タンバーガーだが、見た目は普通のハンバーガーと変わらない!

普通のハンバーガーと違うところは、ハンバーグが分厚く、牛タンを使用しているところだ。

出張店舗で、生野菜が使えないということで、野菜はレタスが少々。

味は、給食感が強かったが美味しかった。中にはチーズも入っており、トマトソースとうまく合ってお肉の旨味を引き立てていたが、牛タン感はイマイチ分からなかった。

今回食べた牛タンバーガーは、静岡県の名物のようで、

牛タン100%ハンバーガー普及の会

という活動団体が出店していた。

牛タン100%のハンバーグを使用したご当地バーガーで、地元朝霧高原の卵やブランド牛の”静岡そだち”の牛脂を中に入れているという。

静岡グルメコンテストで金賞を3年連続で受賞している。