筋トレする時間が無いを見直そう【朝トレ】

こんにちは。ぼんじんタローです。

皆さん、筋トレしてますかー?

マッスルマッスル💪

よく初心者やこれから筋トレを始めようと思っている方に、筋トレする時間が無いから筋トレできない。

というようなことを言う人がいるのですが、今回はそんな筋トレする時間がないの発想を変えていこうでは無いかっ!と思い、この記事を書いていく次第であります!

筋トレにかかる時間って?

1時間や2時間?それとも10分?

人によって、筋トレをする時間が違うと思いますが、根本的に大事なことは1つだけです。それは、ヘトヘトになるまで(筋肉にしっかり効くまで)やることです。

だから、何時間やったという事は問題では無いのです。

ダラダラ1時間かけてやるぐらいなら、インターバルを短くし、自分の重量の限界で少ない時間でやった方が圧倒的に効率がいいです。

今の自分の筋トレ効率良くできていますか?

短い時間で効率良く←これが大事です。

広告

それでも会社や学校から帰ってきたら時間が無くて筋トレができない

そういう方にオススメなのが、朝トレです。

朝、いつもより早く起きて、筋トレをするだけ。

朝早くから、運動をすることによって頭に血が巡り、スッキリもします。

普段、朝からぼんやりして気分が乗らない人は、生産性アップ間違いなしです。

えっ〜でも朝早く起きたくない。最大限に寝たい。

たしかに朝起きるのは辛いですが、早く起きて筋トレをするといいことづくしです。

  1. 1日が気持ちよく迎えられる
  2. 午前中が有意義で長く感じられる
  3. “帰ったら、筋トレしなきゃ”が無くせる
  4. 健康的になれる

個人的にはその3が1番大きなメリットなだと思います。

しなければいけない事は朝にやると本当に1日が気持ちがいいです。

人間は意思決定をする際に先延ばしにしてしまう習性があるのですが、先延ばしにしている間中はずっと余分なエネルギーを消費してしまうのです。

やるべき事はすぐやると、メンタル面でもかなり効果があります。

朝トレはわかったけど、具体的になにをすればいいの?

基本的には筋肉の大きい箇所を鍛えましょう。

胸、背中、脚を重点的に鍛えるいいでしょう

オススメはダンベルやジムに行って筋トレをすることですが、難しいという方は、家で自重トレーニングでも問題はありません。

しかし、自重トレーニングでは負荷が全く足りないという方は、ダンベルを購入して家でトレーニングをするか、ジムに入会した方がいいです。

自重トレーニングでもダンベル、ジムで器具を使ったトレーニング、全てに言えることは、しっかり筋肉に効かせることです。

筋肉に効かせるとは、もうこれ以上できない。限界だ。というところまでやるということ。

まだ、余裕では筋肉は大きくなりません。

まとめ:筋トレする時間が無い。朝トレをしよう

今回は、朝トレをオススメしましたが、別に朝トレをしなくても夜する時間があって、夜したいなら夜でもいいです。重要なことは筋トレを継続的にするということ。

筋トレに時間をかけすぎる必要はなし。効率よくやろう。

では。さようなら。

広告